kyouto

7月24日〜8月5日、渋谷ヒカリエCUBE1,2,3で、
130年の歴史を持つ京都市立芸術大学の卒業生の作品が展示される
“Wild, Passionate and Sticky Things”開催!

Wild, Passionate and Sticky Things

日本の歴史と言えばやはり京都です。
もちろん、美術の歴史も京都抜きには語れません。

そんな京都で130年の歴史をもつ京都市立芸術大学が、卒業生の作品と、附属芸術資料館の収蔵品を渋谷ヒカリエで展示する
“Wild, Passionate and Sticky Things”が開催されます。

『厳しい環境のなかで鍛え抜かれたバイタリティ、花街の艶、そして伝統と現代のはざまで煩悶する自我』
という京都特有の気質は、現代のアーティストにも根付いています。
そんな現代のアーティストたちが創り出す、過去と現在という時空を越えた対峙をコンセプトのこの展示会で
脳内タイムトラベルをしてみてください。

期間中、京都市立芸術大学の学生による一般向けワークショップ&京都のアートシーンについてのプレゼンテーションと、
アーティストトーク&ゲストトークも開催されます。

ぜひ、日本の現代の芸術と、歴史ある過去の芸術の対峙を目の当たりにしてみてください。

One thought on “京都美術130年の歴史をヒカリエで!“Wild, Passionate and Sticky Things”開催

ただいまコメントは受け付けていません。