美味しいコーヒーは入れ方が大切!“オブスキュラ”のコーヒー、試飲会

coffee

お仕事をしている渋谷ヒカリエのコワーキングスペースのCreative Lounge MOVで、
三件茶屋のコーヒー豆のお店、“OBSCURA COFFEE ROASTERS”のコーヒーの試飲会がありました。


お仕事をしているコワーキングMOVには、いつも自分で豆をひくところからコーヒーが入れられるスペースがあります。
誰かがコーヒーを入れると、オフィス内にいい香りが広がって、リラックスできてとっても素敵。

今日はMOVにコーヒー豆を置いてくださっている三件茶屋の“OBSCURA COFFEE ROASTERS”さんが、
新しい種類の豆を持ってきてくださいました。
そしてさらにありがたいことに、コーヒーを入れてくださって、試飲会を開いてくださいました!

coffee2
今日から新しく入ったのは『マンデリン ビンタンリマ』というコーヒー豆です。
世界で三番目にコーヒー豆を作っている国、インドネシアのコーヒー豆です。

スマトラ方式という、珍しい精製方法で作られたこの豆は、普通のコーヒーより甘みがあって、すこしクセのある味です。
そのクセがたまらない!
好き嫌いが分かれるそうですが、「ハマった人はずっとマンデリンを飲んでいる」とおっしゃっていられたように、ハマってしまいそうないい後味でした。

あまり自分でコーヒーを入れることがないので、入れ方をしっかりお勉強させてもらいました。
coffee1
ペリカンというポットからとっても細くお湯を注いでいきます。
真ん中めがけて細いお湯を入れていくのがポイントだそうです。決してふちにはあてないこと。

coffee3
深入りの豆や新鮮な豆はよく膨らむそうなのですが、驚くほど豆が膨らんでいました。
この頃にはもう周囲には香ばしいいいかおりが!

coffee4
だんだんお湯がフィルターにしみてきて、おいしいコーヒーのできるストレッチは完了。
ここからは引き続き真ん中に丁寧にお湯を注いでいきます。

coffee5
ぷくぷくと泡が出て、美味しそうなコーヒーが抽出されてきました。

十分な量コーヒーが抽出されるまで、後半はゆっくりすぎない程度にささっとお湯をそそぐそうです。
余分なえぐみが出ないようにささっと!
最後にしっかりかき混ぜて,濃い部分と薄い部分を合わせます。これでおいしいコーヒーのできあがり。

とっても香りもよく、いつも飲んでいるコーヒーとは、ひと味もふた味も違いました。
お仕事のはかどる素敵な香りに包まれて、とっても幸せです!

投稿者プロフィール

kana.ch
渋谷ヒカリエでお仕事をする女子大生。
毎日のように渋谷を利用するからこそ発見できる
渋谷の変化や、お得な情報に日々目を光らせています!

No Widget

ウィジットは設定されていません。